目次

ランドセル詐欺サイトに注意

ランドセル詐欺サイト

萬勇鞄を騙った詐欺サイトは現在まで聞いたことはありませんが、毎年詐欺サイトはネット上にあるので注意はしておきましょう。

これまでに詐欺サイトが見つかったメーカーはフィットちゃんをはじめとして、天使のはねなど結構たくさんあります。

被害にあってから初めて気づくほど、有名ブランドそっくりに作られたサイトなどは、URLが正しいかどうかをチェックしないと分からないのですが、見抜くきっかけがあるのでお伝えします。


実態は「海外の詐欺サイト」

ランドセル詐欺の方法は次の2つです。

ランドセル詐欺
フィッシング詐欺

この2つが詐欺サイトの目的です。

☆ランドセル詐欺

ランドセル詐欺とは、ブランド物と偽って、偽ブランドの低品質ランドセルを届ける。あるいは何も送らない。

☆フィッシング詐欺

フィッシング詐欺は「クレジットの番号」を盗むといったもの

フィッシング詐欺の場合、先払いしたのに送られてこないどころか、カード番号まで盗まれています。できればお金を使い込まれ無いうちが良いですが、とにかくオカシイと感じたらすぐにカード会社に連絡すること。

2月、3月になったのにまだランドセルを購入していない親を狙った詐欺サイトが流行らしいので、十分に気をつけましょう。

ランドセルだけでなく、4月になれば結婚を狙った詐欺サイトが現れるといったように、季節により色々と変わってくるようです。

こういったサイトは他のまともなサイトに紛れて、検索結果に表示されています。一番良いのは、ブランドを真似しているかどうかをホームページのURLをチェックすることで区別することです。

念のためですが、URLというのはホームページアドレスのことで、ブラウザの一番上の窓に表示されている下のようなhttp(s)で始まる文字です。

SAGI.jpg


詐欺にかからない予防法

1.特定商取引法とプライバシーポリシー、責任者の名前の表示は義務なので、きちんと表示されているかをチェックする。

2.連絡メールがヤフーやグーグルなどのいわゆるフリーメールを使っていれば、そのフリーメールアドレスを検索にかければ被害者の口コミが見つかる可能性が高い。

3.申し込んだ後に送ってきた振込先の銀行口座の名義が外国人だったら、まず怪しいのは間違いがない。

4.格安、激安をうたっているサイトには特に注意(詐欺サイトはその中のほんの一部です。)

対策 

公益社団法人日本通信販売協会(JADMA)に通販110番があるので、怪しいと思った時点で相談をしてください。

https://www.jadma.org/




戻る
a:292 t:1 y:0