萬勇鞄の安全対策を比較する

ランドセルの安全対策は、各ランドセルメーカーで行われていますがそれほど大きな違いは無いようです。

萬勇鞄を他のメーカーと比較すると標準的な対策と言えます。

ランドセルメーカーの安全対策

ランドセルナスカン防犯ブザーその他
萬勇鞄manyuu.jpg

安全ナスカンではなく外力が加わっても外れない。

安全ナスカンでない理由は使っている内にプラスティック部分が甘くなって、すぐに外れるようになるのでナスカンの意味がなくなる。歩道を歩く時に危なくならないようにランドセルの右側にある。
manyuuwdkan.jpg

ダブルDカンにぶら下げる。

肩ベルトの両側にDカンがあるので、使いやすい。
防犯ブザーは手がすぐに届く肩ベルトにぶらさげるようになっている。

前後左右からライトの反射が見えて安全性が確認される。
フィットちゃん20160420kgfuck.jpg

左右にあり20㎏の力が加わると外れる。
2016bouhan-buza.jpgFIT-2-min.jpg

肩ベルトの両側に安全ブザーを取り付けられる。

左右にナスカンがあるので便利、かつ左右の重さのバランスをとれる。ただ狭い場所では車道側の方は要注意。
鞄工房山本GENKINOGAKKOU-min-2.jpg

安全のために左ではなくランドセルの右側にあります。15~20kgの力が加わると外れるので安全。
Edit_2017-05-27_2.jpg

肩ベルトの両側に安全ブザーをつけることができる。
鞄工房山本では、安全のために荷物はなるべく全てランドセルの中に入れるように推奨。仮にナスカンにぶら下げても、直ぐに外れる工夫が使ありがたい。