萬勇鞄の革の素材

萬勇鞄は工房系ランドセルメーカーなので、本来牛革やコードバンで製作から始まっていますが、人工皮革タフガードという素材も取り入れて豊富な色を実現させています。

素材特徴
コードバン
 コードバン
コードバンは非常に貴重な馬の尻の革です。宝石のような艶の美しさと繊維の緻密さ。手ざわりは非常に滑らかですが、強度や耐傷性が非常に高く牛革の数倍もあります。ランドセルのカブセは一頭から2枚しかとれないほど希少です。
牛革
牛革
天然皮革では一般的なのが牛革。牛革が好まれるのは使い込むと出てくる自然の風合いです。牛革の特性として、背当てに使われるぐらい吸湿性や通気性に優れている事も挙げられます。
タフガード
(パール系タフガード)
タフガード
人工皮革の代表クラリーノに匹敵します。人工皮革は様々な色に染めつけられるので、色の選択の範囲が広がり、子供たちのランドセルはますます彩り豊かになっています。またパール系タフガードには高級感のある光沢があり、女の子の間でパールカラーが流行しています。。雨に強く軽量で柔らかい素材なので、小柄なお子さんに選ぶ素材としてはピッタリです。


萬勇鞄の革には艶なしのシボ加工が施されています。

萬勇鞄の革はシボ加工

シボ加工というのは、革の表面に立体的なシワ模様を入れることです。こうすることで、傷に強い革になるので、6年間使い続けても傷のないきれいなランドセルのままで使えます。

このシボの加工の仕方ですが、型押しという熱と圧力を革の表面にかけてつけたものです。

牛革には6年間使っても経年劣化を起こしにくい加工がされているので、丁寧に扱えば新品同様の感じで6年間使えます。

萬勇鞄の背当ては柔らかく通気性が良い



戻る
a:1447 t:1 y:0